Text Size :  A A A
                                       
築地の老舗卸 伏高さんをお招きしての初イベント、無事終了致しました。

かつお節の成り立ちや荒節、枯節の製法の違い、味の違いを知る3時間。
かつお節削り体験では、私も含めてみなさん全員初めてでしたが、とりあえず「削る」ところまでは完了!

やっぱり、長年の経験と、プロの腕前はちがいます。
伏高さんが削るとギュッギュッ!という高い音がして、均一な厚みとツヤ、そしてくるっとカールした削り節(写真右の右上)ができるのに対し、
慣れていないとゴリ、ジョリ、という音とひょろっとした「なんとなく削り節」が出てきます。。

スピード、力加減、経験、すべてが合わさって綺麗に削れるものなんですね。


Img_acc5b2866525ed283f076f4342997085
Img_57430433e74ca607103c3f9ac846b4d9
Img_c07bdbf7a461d321433be4698d780d41
今回は私が学んだスローフード協会のValtazioneを参考に、昆布出汁、かつお出汁(荒節、枯節)、そして合わせ出汁それぞれのテイスティングを体験していただきました。

目で見た色合いや、鼻で嗅いだ香り、口に含んだ味わいを評価していき、合う料理を考えていきます。
評価シートはイタリア語を日本語に訳したものを使用。みなさん初めてのテイスティング体験をとても楽しんでくださいました♪

デモンストレーションでは、それぞれ合わせ出汁の濃度を変えてあさりの炊き込みご飯とたけのことわかめのお吸い物を。

昆布とかつお節の割合さえ把握できれば、出汁はぐっと作りやすく、身近になります。
まずは日常的に作りやすい組み合わせをご紹介し、それからかつお節、昆布の割合を変えてお料理に合わせていく方法ご紹介させていただきました。

おみやげはみんなで力を合わせて削ったかつお節と日高昆布。
美味しい出汁を自分でとれると、やっぱりうれしいですよね。

またこのようなイベントを企画していきたいと思います。